古物営業法の一部改正について

更新日:

こんにちは。ブログ担当の野上です。
本日は古物営業法の一部改正について弊社査定人の末高に詳しく聞いてみたいと思います。宜しくお願いします。
こんにちは。宜しくお願いします。
早速ですが、古物営業法はどの様なことが改正されたのでしょうか?
suetaka
平成30年4月25日に「古物営業法の一部を改正する法律」が公布され、以下の4点が改正されました。

1.営業制限の見直し
2.簡易取消しの新設
3.欠格事由の追加
4.許可単位の見直し

この中で弊社とお客様に大きく関係してくると思われる営業制限の見直しについてご説明いたします。
店舗とは別の仮設店舗での買取りにおいて関係してきます。

仮設店舗というのはどういった形のものですか?
suetaka
店舗・営業所以外の簡単に移動ができる仮店舗のことですが、例えば各地での骨董市や骨董祭などが当てはまります。
なるほど。弊社が主催したお宝鑑定・骨董市in半兵衛庭園も仮設店舗ということですね!
suetaka
はい、そうなります。
改正前は古物を買取る場合、古物商の店舗・営業所又はお客様の住所・居所でしか受取れませんでしたが、改正後では届出を出せば仮設店舗において受取りが可能となります。
お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園では鑑定はできましたが、鑑定した品物をその場で買取ることはできませんでしたね。改正後は「お宝鑑定&その場で買取り」なんていうイベントも可能になるわけですね!
はい。事前に届出をすることによって可能になります。
お客様とのやり取りの幅が広がりそうですね!
suetaka
2~3については古物商の資格取得に関するものです。

2.簡易取消しの新設
許可を受けた古物商の所在を確知できない場合には、公安委員会が公告を行い、その後30日を経過しても連絡がなければ許可の取消しができることになります。
改正前は3か月以上所在が不明な場合に公安委員会が聴聞を実施した上で取消しを行っていたのでコストも時間も掛かっていました。

公安委員会の方でも今までは時間が掛かって大変だったんですね。不明な許可の取り消しをする必要があるのですか?
suetaka
はい。名義貸しなど許可が悪用されない為にも必要かと思います。所在不明なものに対して迅速な取り消しができるようになることは良いことですね。
なるほど!それは必要ですね!
suetaka
3.欠格事由の追加
施行規則に新たな第一条が追加されました。現在の欠格事由に加え、暴力団やその関係者、窃盗罪で罰金を受けた者も欠格になります。現在許可を受けていても、該当すれば取消しとなります。
誰でも許可が取れるということではないのですね。
suetaka
反社会勢力への厳しい対応が盛り込まれました。
また犯罪に利用する恐れがある人にも許可が与えられないということですね。
より安心して売買ができますね!
suetaka
4.許可単位の見直し
現在の都道府県ごとの許可から、主たる営業所の所在地の公安委員会1か所のみの許可に変更になります。他の都道府県に営業所を設置したい場合は、当該都道府県の公安委員会に対して「届出」をすることで完了となます。
どういうメリットあるのですか?
suetaka
全国に複数出店するチェーン店などは都道府県ごとに許可を取らなくてもよいので手間が省けて時間もコストも削減できます。
なるほど。これらの改正法はいつから施行されるのですか?
suetaka
第一段階として2018年10月24日より1~3の項目が施行されています。
4の項目については2018年4月25日から2年以内に施行されます。
すでに3項目は施行されているのですね。
よく分かりました。ありがとうございました!
ご不明な点などございましたらお気軽にお電話ください。

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

買取対応地域

2019/1/19

三次市 三次市近郊にて古美術品・骨董品を高価買取致します

こんにちは。 今日は三次での出張買取査定について弊社査定担当の末高に聞いていきましょう。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 三次は奥田元宋・小由女美術館がよく知られているように数多くの美術館や資料館があり、昔からの資料が保存されています。 三次の買取といえば三次人形が思いつきます。 三次人形は古くから有る伝統工芸品ですね。 江戸時代から続く焼き物の人形でユニークな絵付けが施されており、現在でも多くの人に親しまれています。 古い三次人形の買取も承ります! 弊社はそのような古美術品や骨董品から現 ...

ReadMore

買取について

2019/1/13

お茶道具の買取り・査定ポイント~棗 (薄茶器) 編~

こんにちは。 今回は茶道には欠かせない抹茶を入れる容器の棗について、査定買取のポイントを弊社代表の末高に聞いてみましょう。 それではよろしくお願いします。 こんにちは、宜しくお願いします。 茶器は大きく分けて薄茶器と濃茶器です。薄茶器で一番代表的なものが棗です。今回は棗の査定買取のポイントについて、ご説明します。 植物の棗の実に形が似ていることから、こう呼ばれるようになったそうです。 棗は木製が多く、黒塗、溜塗、一閑張り、蒔絵などの技法が使われます。稀に象牙やガラス、焼き物で出来ている物もあります。硝子製 ...

ReadMore

買取について 買取についての疑問

2019/5/9

稽古用茶道具の買取とその後

こんにちは、野上です。 本日はお稽古用茶道具の買取とその後について、弊社査定担当の末高に話を聞いてみたいと思います。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 弊社では茶道具買取のご依頼も多いですが、買取した品物はその後どういうルートを辿りますか? 弊社では自社買取、自社販売しております。 ですのでお客様からお売りいただいた品物は、探されている次のお客様へ直接販売させていただいております。 弊社とお客様の間に他の業者は入らず、お客様(買取) → 弊社 → お客様(販売) といったルートなのですね。 ...

ReadMore

古賀フミ 人間国宝 佐賀錦

買取について

2019/7/14

【人間国宝】古賀フミの作品を高価買取いたします

弊社では古賀フミの作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 古賀フミ(こがふみ)1927- 年表 1927年 佐賀県生まれ。 1932年 曾祖母・美寿、母・八千代に師事。 1944年 佐賀高等女学校卒業後、佐賀錦の製作に専念。 1966年 日本伝統工芸展初入選。以後受賞を重ねる。 1988年 紫綬褒章。 1994年 重要無形文化財「佐賀錦」の保持者(人間国宝)に認定。 1998年 勲四等宝冠章。

ReadMore

小野具定

山口県縁の芸術家

2019/8/18

【小野具定】山口県熊毛郡田布施町出身の日本画家

弊社では小野具定の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 小野具定(おのぐてい)1913-2000 年表 1913年 山口県田布施町生まれ。 1928年 大日本美術院展入選。 1939年 東京美術学校日本画科卒業。 1947年 児玉希望に師事。 1954年 新製作協会展出品。 1965年 新製作協会委員。 1974年 創画会結成。会員となる。 1995年 練馬区立美術館で小野具定展開催。

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-買取について

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.