古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい!

愛研陶芸株式会社

掛軸の保管方法について

こんにちは。前回の掛軸のしまい方(巻き方)に続き、今回は掛軸の保管方法について査定担当の末高に聞いていきたいと思います。よろしくお願いします。 
こんにちは。よろしくお願いします。
早速ですが、どのようなことに注意して掛軸を保管すればよいですか?
suetaka
掛軸の多くは材質が紙でできている為とてもデリケートです。 
扱い方や保存方法が悪いとシミ、カビ、シワ、折れ、破れ、虫喰いなど傷みに繋がってしまいます。
特に湿気には弱いので注意が必要です。ひなるべく晴れた日に掛軸から湿気が飛んでいる状態で収納しましょう。
<傷んだ状態の掛軸> 掛軸 保存 傷み シミ シワ 破れ 折れ 虫喰い
梅雨時期や温度も上がってジメジメする7月などは収納するタイミングが難しそうですね!
suetaka
湿気を含んだまま収納したものはカビや傷みの原因にもなるので、乾燥した日にもう一度陰干しをするとよいでしょう。
また年に一度は晴れて乾燥した日に虫干しを行います。 
乾燥して気候もよい10月半ばから11月にかけてがお勧めの時期です。桐箱や中の和紙が湿気を含んだままだと、せっかく掛軸を乾燥させてもまた湿気を含んでしまうので、開いて一緒に乾燥させましょう。
なるほど。とにかく湿気対策ですね。
suetaka
防虫香 掛軸専用 表具 茶道具はい。その後、ウコン染めの布や和紙で巻いて桐箱に収めます。桐箱には防虫、防カビ、抗菌効果があり、湿気も通しにくいので掛軸の保存には最適です。
掛軸専門の防虫香を入れておくのも効果的です。
茶道具や多くの骨董品にも使用されていますし桐箱大活躍ですね!!
suetaka
片付け場所ですが、直射日光が当たらず、風通しが良く、湿気の少ない場所に保管しましょう。専門的には室温20~25度、湿度50~60パーセントくらいに保つところが多いようです。
家屋にもよりますが二階などがよい場合が多いです。また、なるべく上の棚に壁から離して置く方がよいでしょう。
人間が快適に感じる場所は掛軸にとっても快適なのですね!
suetaka
よい品物でも傷みによって評価額が下がってしまうことも多いので、なるべく綺麗な状態で保存しておくことが大切です。
保存状態の良い物は高価買取にも繋がってくるのですね。
ありがとうございました!

お茶道具の買取り・査定についてのポイント ~茶掛け(掛軸)編~

広島にて日本画掛軸浮世絵を高価買取します

よくある質問とその回答

掛軸があるのですが、シミが多く状態が良くない物でも買い取りできますか?
古い掛軸にはシミが有ることは多いので、お気になさらずにお見せ下さい。
買取金額の基準を教えて下さい。
買取金額は品物ごとの流通相場等の弊社リサーチ結果に基づき、付属品や箱、時代や希少度合い等を加算して査定しております。弊社が探している品物であれば、一般的な相場価格よりもより高く査定買取することが出来ます。
出張査定無料となっていますが、査定は無料でも出張料金等は掛かりますか?
査定料金・出張費用・移動経費等の費用は、お取引成立・不成立に関わらず無料です。

骨董・美術品などの買取について、よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 骨董・美術品などの買取についてよくある質問を弊社査定担当の末高がお答えします。 全般的な買取に関する質問 ● 高価買取と書いてありますが、本当に高く買って貰えるのですか? 弊社 ...

続きを見る

査定買取方法・買取品目・対応地域

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 竹原市 大竹市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 下松市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

濱田台児 鳥取県鳥取市出身の日本画家

鳥取県縁の芸術家

2019/10/3

【濱田台児】鳥取県鳥取市出身の日本画家

弊社では濱田台児の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 濱田台児(はまだたいじ)1916-2010 年表 1916年 鳥取県鳥取市生まれ。 1935年 伊東深水に師事。 1936年 日本画会展初入選。 1939年 二科展入選。 1941年 第4回新文展初入選。 1942年 第5回新文展特選。 1946年 第2回日展特選。 1950年 日月社第1回展奨励賞。 1973年 橋本明治に師事。 1976年 第8回改組日展内閣総理大臣賞。 1980年 日本芸術院賞。 1981年 日展理事。 1989 ...

ReadMore

坂倉新兵衛 山口県出身の陶芸家

山口県縁の芸術家

2019/10/8

【坂倉新兵衛】山口県長門市の萩焼窯元陶芸作家

弊社では坂倉新兵衛の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 坂倉新兵衛(さかくらしんべえ) 山口県長門市深川の萩焼窯元・坂倉家の当主が代々襲名している陶芸作家。 初代  李勺光 二代  山村新兵衛光政号正庵 三代  平四郎光俊 四代  弥兵衛光信 五代  源次郎光長 六代  坂倉藤左衛門 (改姓) 七代  五郎右衛門 八代  半へい 九代  平助 十代  九郎右衛門 十一代 新兵衛多吉 十二代 新兵衛 十三代 新兵衛光太郎 十四代 新兵衛宗治 十五代 新兵衛正治(当代) よくある質問とその回 ...

ReadMore

石井金陵 岡山県出身の南画家

岡山県縁の芸術家

2019/10/3

【石井金陵】岡山県出身の南画家

弊社では石井金陵の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 石井金陵(いしいきんりょう)1842-1926 年表 1852年 岡山県生まれ。 浦上春琴、古市金峨、岡本秋暉に師事。 1903年 画房・桃谷山荘を構える。 岡山県絵画会副会長、大阪絵画会顧問。 1926年 死去。 よくある質問とその回答 掛軸があるのですが、シミが多く状態が良くない物でも買い取れますか? 古い掛軸にはシミが有ることは多いので、お気になさらずにお見せ下さい。 買取金額の基準を教えて下さい。 買取金額は品物ごとの流通相場 ...

ReadMore

柴田義薫 岡山県瀬戸内市出身の絵師 画家

岡山県縁の芸術家

2019/10/3

【柴田義薫】岡山県瀬戸内市出身の絵師

弊社では柴田義薫の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 柴田義薫(しばたぎとう)1780-1819 年表 1780年 備前国邑久郡尻海字奥谷(現:岡山県瀬戸内市邑久)生まれ。 幼い頃から呉春に画法を学び、四条派の画法を究める。 主に人物画を得意とした。 京都を本拠地し、岡山でも多くの作品を残す。 1819年 死去。 よくある質問とその回答 掛軸があるのですが、シミが多く状態が良くない物でも買い取れますか? 古い掛軸にはシミが有ることは多いので、お気になさらずにお見せ下さい。 買取金額の基準 ...

ReadMore

金重晃介 備前焼

岡山県縁の芸術家

2019/12/8

【金重晃介】岡山県備前市出身の陶芸家(備前焼)

弊社では金重晃介の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 金重晃介(かねしげこうすけ)1943- 年表 1943年 備前市伊部生まれ。父は金重陶陽。 1970年 東京藝術大学大学院彫刻科修了。 1982 築窯。 1988年 田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞。 1990年 田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞。 1994年 日本陶磁協会賞。 1999年 山陽新聞社賞。 2005年 岡山日日新聞社賞。 2012年 岡山県重要無形文化財保持者認定。 2014年 岡山県文化賞。 よくある質問とその回 ...

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-掛軸のしまい方

Copyright© 愛研陶芸株式会社 , 2019 All Rights Reserved.