弊社の骨董品出張買取の模様

更新日:

骨董品 買取 風景

こんにちは!今回は弊社の出張買取がどのような物かをお客様のお宅からお伝えします。
査定は弊社査定人の末高が行い、荷物の開け閉めなどの査定補助や荷物運びは私が行います。
どうぞよろしくお願いします。
※ブログに出てくるお客様の許可は得ております、お名前や住所は仮の物となります。
弊社は秘密厳守ですのでご安心下さい。
suetaka
こんちには。よろしくお願いします。
今回のご依頼人の方は前にお便りを頂いた方で、先祖代々の品々とお祖父様お父様の集められていた物だそうです。
この度家族会議にて売却したいという事で、弊社へ骨董品美術品の買取査定依頼を頂きました。

この度はお世話になります。田中と申します。
どうぞよろしくお願いします。
suetaka
この度は弊社にご用命頂き誠に有難うございました。
愛研陶芸の末高と申します。査定を担当しております。
こちらはアシスタントの野上です。
野上と申します。どうぞよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。
suetaka
それではご依頼品をお見せ頂けますか?
はい。この部屋に集めています。
今見えている分と押し入れの中に木箱に入った品物と掛軸があります。
suetaka
かしこまりました。それでは1点1点査定して行きます。
何かあればお声をお掛け下さい。
よろしくお願いします。
suetaka
それでは野上君は箱を明けて並べて下さい。
かしこまりました。

骨董品 買取 査定

suetaka
田中様
査定が終わりましたので、それぞれに説明致します。
はい。よろしくお願いします。
suetaka
大変素晴らしいお品物の数々で先祖代々大事にされていた物だと感じました。
まず、この樂吉左衛門 了入作の黒楽茶碗に家元の書付があります。弊社査定金額は○○○万円となります。
※プライバシー保護の為金額は伏せ字となります。
とても高価な物なのですね。驚きました!
suetaka
はい。楽了入に間違いが無いもので、宗匠から茶碗に名前を頂いているので、特に稀少な物となります。大まかですが200年前の江戸時代に作陶された物となります。
※ご依頼品が多いので中略しています。
実際には一点一点説明をさせて頂いております。
suetaka
以上で説明を終わります。
合計金額が○○○万円となります。
有難うございます。
思っていたよりずっと高額になって助かりました。
suetaka
では買取成立という事でお支払いと買取書類にお名前・ご住所・お電話番号をお願いします。
※買取書類へのご記入は法令で定められております。
買取明細書や領収書も兼ねております。
suetaka
野上くん。梱包と運び出しをお願いします。
これで宜しいですか?
suetaka
はい。大丈夫です。
お支払い致しますのでご確認下さい。
はい。確かに○○○万円有りました。有難う御座いました。
suetaka
こちらこそどうも有難うございました。
また何か御座いましたら是非ご連絡下さい。
はい!是非お願いします!
suetaka
梱包と運び出しがもう少し掛かりますので、もう暫くお待ち下さい。
終わりました!
suetaka
この度のご用命誠に有難うございました。
またのご依頼を心よりお待ち申し上げます。
有難う御座いました。
有難う御座いました。
有難う御座いました。

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域

岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域

山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域

島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域

鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域

その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

これ(この字)は何?

2019/1/13

この字は何?<掛軸1>

こんにちは。査定担当の末高です。 本日は「これは何?」シリーズの掛軸読み方バージョンです。 こんにちは。中山です。 自慢ではないですが・・・掛軸の文字は崩して書いてあるものも多く難しくてなかなか読めません! 確かに見慣れてないと難しいですよね。 それでは初級編です。これは何と読むか分かりますか? あ!これは読めます!「喫茶去」です! 初めて見た時は一文字目を「魚」と読んでしまいそうでしたが・・・ 正解です。魚に似てなくもないような・・・笑 本来は「お茶でも飲んでこい」と叱咤する言葉でしたが、のちに「どうぞ ...

ReadMore

買取について

2019/1/19

広島にて日本画掛軸浮世絵を高価買取します

日本画・掛軸・浮世絵等の買取について 日本画は国内海外でも評価が高く、外国のお客様からの問合わせも多くあります。 弊社はそのような価値のある日本画、浮世絵等を高価買取しております。 また、新しい物か古い物、良い物かどうか判断が付かない物でも弊社担当者が品数に関わらず丁寧に査定買取致しますので、まずはお電話下さい! 弊社査定人がお客様が大事にされていた品物を一点一点を厳密に査定しご納得頂ける金額をご提示致します。 弊社が探している作家、作品であれば、通常買取価格よりもより高額にて買取しております。 国内国外 ...

ReadMore

買取について

2019/1/20

広島にて古織部や織部焼を高価買取します

古織部や織部焼の買取について 織部焼は美濃焼の一つとして安土桃山時代に千利休の弟子の一人、古田織部により考案・開窯され、味わいの有るの濃い緑色を特徴として当時の茶人や庶民に使われていきました。 茶碗などの茶道具を基本とし、茶碗や水指や鉢などに草や魚の絵をつけたり幾何学模様などを用い、当時としては前衛的で奇抜な焼物として楽しみ親しまれて来ました。また、華道具や細工物等技工を凝らした置物も作られ幅広い人々の生活を彩って来ました。 使われる釉薬の色や掛け具合により、総織部・青織部・織部黒・鳴海織部・黒織部・赤織 ...

ReadMore

買取対応地域

2019/1/19

三次市 三次市近郊にて古美術品・骨董品を高価買取致します

こんにちは。 今日は三次での出張買取査定について弊社査定担当の末高に聞いていきましょう。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 三次は奥田元宋・小由女美術館がよく知られているように数多くの美術館や資料館があり、昔からの資料が保存されています。 三次の買取といえば三次人形が思いつきます。 三次人形は古くから有る伝統工芸品ですね。 江戸時代から続く焼き物の人形でユニークな絵付けが施されており、現在でも多くの人に親しまれています。 古い三次人形の買取も承ります! 弊社はそのような古美術品や骨董品から現 ...

ReadMore

ブログ

2019/1/15

箱紐の結び方 抹茶茶碗編

こんにちは! 今回は質問が届いているのでお答えしたいと思います。 質問は「親族が使っていた茶道具があり、箱を開けた所紐の締め方がわからなくなりました」との事です。 私も買取の時に箱の紐を解いたり結んだりしておりますが、当然の事ながら最初は全く分かりませんでした。 そこで、今回は紐の結び方を弊社査定担当の末高に聞いて行きましょう。 難しいと感じるかもしれませんが、手順通りにやれば必ず出来ます! それでは、よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 茶碗などの木箱に使われている紐は真田紐(さなだひも)と呼 ...

ReadMore

電話を掛ける
LINE買取査定
改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-買取について, 買取実例
-, ,

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.