お茶会に行ってきました③

更新日:

お茶会に行ってきました②

~からの続き~ 入室するとすぐに床の間がありました。飾られた綺麗なお花や立派であろう掛軸(分からない・・・)などを感じつつ、コの字型の席へ。 季節に合った花や掛軸が飾ってあったと思います。 色々下調べ ...

続きを見る

~からの続き

何だか落としそうだな~と思いながら主菓子を慎重に切り分けていたら、隣のお客さんの主菓子が足元にコロンコロ~ン・・・
手元が危ういのは私だけじゃなかった!少し和みました。笑
お茶菓子はお茶が出てくる前に食べきりました。
何も知らなければお茶菓子食べて~お茶飲んで~お茶菓子食べて~とやってしまいそうです。
とても美味しく頂きました!
お茶をおいしく頂くための茶菓子ですが、それも楽しみの一つですね!
次に薄茶が運ばれてきました。
各々の流派でお楽しみください、とのことでしたので私の師匠youtubeで見た裏千家の作法でいただきました。
千利休の時代から引き継がれ、大きなところでは表千家、裏千家、武者小路千家などあり、その他にも数多くの流派がありますね。
流派によって茶碗を畳のへり内に置いたり、ヘリ外へ置いたり、茶碗を回さない流派もあります。
頭を混乱させながらyoutubeを見ていましたね。笑
高校生のお運びさんは茶菓子やお茶を出したり下げたり次から次へと忙しそうですが、皆さん常にニコニコ穏やかな笑顔なのでこちらもほっこりしました。
そして、この辺りから早くも正座の足がじんわりと怪しい雰囲気を醸し出しています。
近年では和室が備わっている家も随分と減って正座をする機会があまり無いですもんね。
どのタイミングだったか記憶が飛んで内容もうる覚えですが、ご亭主からお道具の説明もありました。
青磁の香炉の説明の時に、お正客さんが「いつの時代の青磁ですか?」と質問され、ご亭主が「蔵から出てきた古いもので・・・」などと問答があったのは覚えています。
それから、「蛙に見えるかもしれませんが龍になっております。(ニッコリ)」とユーモアたっぷりにおっしゃっていてとても面白かったです。 
隅から隅までおもてなしの心ですね。
次に運ばれてきたのは、花の形をしたゼリーと、包み紙に包まれた丸い砂糖菓子の干菓子です。
次のお客さんへ一礼した後(もう忘れない!)、ゼリーは季節の花の形なのかなと思いながら(説明されたのかもしれませんが、他のお客さんの作法をマネしなくてはと凝視しすぎて記憶が無く・・)手で1つずつ懐紙に取りました。
色や形など季節に合ったお茶菓子が出されたことでしょう。
干菓子を取るとき手前から取ったか向こう側から取ったか記憶にありません・・・
痺れた足との格闘も熱く繰り広げられています。
ドンマイです!
干菓子を食べきると、二服目の薄茶が運ばれてきました。
こちらも動画の教えに倣っておいしく頂きました。
前回のお茶会では一服目は別室で薄茶、二服目はお茶席で濃茶を4人で回して頂いたのですが、お茶会でも色々あるのですね!2回しか知りませんが・・・
薄茶はお茶を点てる、濃茶はお茶を練ると言います。ドロドロとしているので初めて飲むと驚くかもしれませんね。
二服目のお茶を飲み終えるとご亭主が最後に挨拶をされ、お道具などもゆっくりご覧になってください、などと締めくくられてお茶会が終了しました。
お茶会が終わると皆さん並べられたお茶道具や床の間の前に集まって行きます。
普段お目にかかれないような立派な茶道具を拝見できたかと思います。
正座との戦いに敗れた足裏は最後に血流解放のビリビリ攻撃が待ち受けていました。
すぐに立ち上がることができません・・・。
隣の方も同じタイミングで痺れた足と格闘されています。
よく見ると所々で最後の格闘が繰り広げられているではないですか。自分だけではなくて安心しました。笑
私も以前正座の痺れと格闘していた時に、「お茶会は苦行ではなく楽しむ場所なので、無理せずに椅子を使ったり足を崩したりしても大丈夫ですよ」と、先生に促して頂きました。
最後にお道具と床の間を他のお客さんの隙間から拝見。
どれがどういう物なのかよく分かっていませんが、立派そうなお道具だな~あのガラスの水指は変わっていて見たこと無いな~これが蛙に似た龍か~ガラスのお皿に笹舟が添えられている~などと眺めて楽しみました。
一年の中でこの時期にしか見れないお道具もあるのでしっかり目に焼き付けておきたいですね。
お道具の写真を撮影している方もいたので断りを入れれば写真はOKなのでしょうか。
私も撮りたいなーと思いつつ、おっちょこちょいなのでお道具を傷つけないようにやはりカメラや携帯の使用は今後もやめておいた方がよい気がします。(今度先生に聞いてみよう!)
出口ではご亭主がお見送りをされていました。
お客さん一人一人に声をかけられています。
私も少しお礼とご挨拶をしてから会場を後にしました。
最後まで心のこもったおもてなしですね。
素人が一人でお茶会に参加するのは緊張しましたが、実際に参加してみると堅苦しすぎず穏やかで楽しかったです!
よい経験になりました!
お疲れ様でした。
(それにしても正座つらかった)
茶道具の買い取り・査定について ~点前道具編~

~抹茶茶碗 編~ こんにちは。 弊社が茶道具の出張買取に伺ったときに、数量や種類が多いのは抹茶茶碗・花器・香合・蓋置ですが、今回は抹茶茶碗をピックアップして買い取りや査定のポイントについて弊社代表の末 ...

続きを見る

稽古用茶道具の買取とその後

こんにちは、野上です。 本日はお稽古用茶道具の買取とその後について、弊社査定担当の末高に話を聞いてみたいと思います。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 弊社では茶道具買取のご依頼も多いで ...

続きを見る

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

買取について

2019/1/20

広島にて遺産相続やご遺品の骨董品等を買取します

遺産相続や遺品整理に伴う古美術品や骨董品の買取について 弊社はお客様の遺産相続や遺品整理に伴う古美術品や骨董品等の遺された品物を高価買取しています。 お客様が大事にされていた品物を一点一点を厳密に査定しご納得頂ける金額をご提示致します。 ご先祖様から託された大事なお品物をお譲り頂き、新たなお客様へお繋ぎしております。  遺産相続に伴う税金やお手続き等のサポートや、部屋を引き払う際の片付け清掃も承ります。 弊社と業務提携している法人が実務を担当致しますので、相続や関係する法令等についての色々なご相談に対応可 ...

ReadMore

市橋とし子 人間国宝 桐塑人形

買取について

2019/7/12

【人間国宝】市橋とし子の作品を高価買取いたします

弊社では市橋とし子の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 市橋とし子(いちはしとしこ)1907-2000 年表 1907年 東京生まれ。 1940年 今村繁子に師事。 1948年 現代人形美術展特選。以後受賞を重ねる。 1985年 勲四等瑞宝章。 1989年 重要無形文化財「桐塑人形」の保持者(人間国宝)に認定。 1999年 横浜文化賞。

ReadMore

買取について

2019/1/20

広島にて古志野 志野焼を高価買取します

古志野や志野焼の買取について 志野焼は美濃焼の一つとして室町時代から安土桃山時代に考案・開窯され、柔らかな手触りと清潔感の有る白色を特徴として当時の茶人や庶民に使われていきました。 織部焼の影響も受け、茶碗などの茶道具を基本とし、茶碗や水指や鉢などに草や魚の絵をつけたり幾何学模様などを用い、当時としては前衛的で奇抜な焼物として楽しみ親しまれて来ました。 また、茶道具や細工物等技工を凝らした置物も作られ幅広い人々の生活を彩って来ました。 使われる釉薬の色や掛け具合により、無地志野・鼠志野・赤志野・紅志野・志 ...

ReadMore

生野祥雲斎 人間国宝 竹芸

人間国宝

2019/7/10

【人間国宝】生野祥雲斎の作品を高価買取いたします

弊社では生野祥雲斎の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 生野祥雲斎(しょうのしょううんさい)1904-1974 年表 1904年 大分県生まれ。 1923年 佐藤竹巴斎に師事。 1925年 独立。 1943年 文展特選。以後受賞を重ねる。 1967年 重要無形文化財「竹芸」の保持者(人間国宝)に認定。 1969年 紫綬褒章。 1974年 勲四等旭日小。

ReadMore

ことばの由来

2019/5/29

普段よく使う日本刀に関する言葉の由来 ③

こんにちは。弊社査定担当の末高です。今回は刀に関係する言葉やことわざの由来シリーズ第三弾です。 よろしくお願いします。 今回はどんな言葉が出てくるのか楽しみです。 では早速1つ目です。 激しく争うという意味の「鎬(しのぎ)を削る」これも刀が関係しています。 よく耳にする言葉ですね!来年の東京オリンピックに向けて、選手は鎬を削っているとよくニュースでも使われていますね。 鎬(しのぎ)とは何ですか? 鎬とは刃と峰の間にある最も厚みのある部分です。 刀で斬り合うような場面で、鎬の部分が削れるほど激しく刀をぶつけ ...

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-お茶会に行ってきました

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.