普段よく使う日本刀に関する言葉の由来 ①

更新日:

suetaka
こんにちは、弊社査定担当の末高です。
日頃私達が使っている言葉やことわざの中には、日本刀に関係したものが多くあります。どのようなものが思い浮ぶでしょうか?

日本刀 摸造刀 査定 高価買取

こんにちは。弊社素人担当の中山です。笑
刀に関係する言葉・・・
うーん、なかなかパッとは思いつかないものですね。
知っている言葉は沢山あると思いますよ。
それでは今回は刀に関する言葉の由来にスポットを当ててみましょう。
よろしくお願いします!
suetaka
さっそく1つ目ですが、「反りが合わない」も日本刀が関係しています。
おお!とても身近な言葉ですね。
suetaka
「反りが合わない」とは、気が合わない、相性が合わないという時などによく使う言葉ですね。
ここでいう反りとは、刀の反りとそれを収める鞘(さや)の反りのことです。刀は1振1振手作りの為、鞘もそれに合わせて作ります。

刀身 鞘 反り 語源

suetaka
刀の反り具合と、それを収める鞘の反り具合が合わなければ上手く納まりません。
そこから人間関係など上手くいかないことを「反りが合わない」と言うようになったようです。
なるほど~。刀と鞘の曲がり具合のことだったんですね!
suetaka
仲たがいした者同士が以前の関係に戻るという意味の「元の鞘に戻る」の鞘も日本刀の鞘のことです。
抜かれた刀が本来収まっていた鞘に収まることからきています。
略して「元鞘」ですね!
「反りが合って」いる「元の鞘」に収まった方が、最終的にはしっくりくるということですかね。
他には何があるのですか?
suetaka
あとは「単刀直入」も刀と関係していますよ。
そういえば刀の字が入っていますね。
suetaka
これはどういう状況か想像できますか?
単刀・・・短刀・・・直・・・入・・刺す・・・
短い刀で直に刺すーー!?恐怖の由来ですか!?
この単刀は短刀ではありません。笑
(単刀=一振)を持って一人で敵陣に切り込む、ということから前置きなしですぐに話の本題に入る、という意味になったようです。
たった一人で敵陣に切り込むのも恐怖ですね・・・
由来を知っていれば漢字を間違えることも無くなりそうです!
suetaka
「抜き打ち」も刀に由来します。
抜き打ち!学生時代を思い出します。
抜き打ちテスト(もちろん点数悪い)、抜き打ち持ち物検査(お菓子など勉強と関係ない物がカバンから出てくる)・・・
suetaka
なんの前触れもなくいきなり物事を実行するという意味ですね。
何の前触れもなく抜いて打つ・・・
戦う準備をしていない相手に向かって、刀を抜いて切りかかっちゃうということですかね?
うわー悪い人がいたもんですね!
一人で想像して解決しましたね。笑
その通りです。何の前触れもなく、刀を抜くやいなやすぐに打つ(切りつける)ということから出てきた言葉です。
私も(テストで)何度も討ち死にしました。
このように刀に由来する言葉はまだまだ沢山あるので続きはまた次回に。
ありがとうございました。
第二弾
ことばの由来<日本刀編> 第二弾 の記事はこちら

こんにちは、弊社査定担当の末高です。 今回は刀に関係する言葉やことわざの由来第二弾です。 こんにちは。前回の第一弾に引き続き、今回もよろしくお願いします。 それでは早速1つ目です。 「鍔迫り合い(つば ...

続きを見る

第三弾
ことばの由来<日本刀編> 第三弾 の記事はこちら

こんにちは。弊社査定担当の末高です。今回は刀に関係する言葉やことわざの由来シリーズ第三弾です。 よろしくお願いします。 今回はどんな言葉が出てくるのか楽しみです。 では早速1つ目です。 激しく争うとい ...

続きを見る

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

骨董祭・骨董市

2019/1/13

広島の骨董市・骨董祭について

こんにちは! 今回は地元広島の骨董祭(骨董市)について弊社営業担当の末高に聞いて行きましょう。 本日は地元の広島市で行われる骨董祭についてお願いします。 はい。よろしくお願いします。 まず、広島で開催される骨董祭や骨董市ですが主に行われる会場は商工センターの広島市中小企業会館と広島県立広島産業会館で開催されています。 広島県立広島産業会館では広島アンティークマルシェが年2回の開催で春と秋の予定となります。 開催日程などは弊社で分かり次第ブログにアップしておりますが、より詳しく知りたい方はアンティークマルシ ...

ReadMore

買取について

2019/1/20

広島にて李朝 高麗等の骨董品を高価買取致します

朝鮮 高麗 新羅等朝鮮半島由来の骨董品買取について 朝鮮半島の焼物は古代の素焼きから現代の磁器に至るまで様々なものが作られ、その一部は日本に伝わり現在でも人気のある焼物として愛され保存されています。 新羅土器・須恵器・高麗青磁・李朝白磁・染付などそれぞれの時代に様々な手法や技法で作られました。 陶磁器にかぎらず仏像・勾玉・家具・書道具・着物・装飾品などの朝鮮王朝に献上された製品の数々は国内はもとより海外でも評価が高く、外国のお客様からの問合わせも多くあります。 弊社はそのような朝鮮半島由来の古美術品や骨董 ...

ReadMore

第一回 お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園

2019/1/15

お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園が開催されました。二日目編

こんにちは! 昨年秋に開催された弊社主催の「お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園」の様子をお伝え致します。 開催された日程は2016年10月7日~10月10日までの4日間の午前10時~午後8時まででした。 今回は二日目の様子をお伝え致します。初日はオープンから講演と展示販売という目まぐるしい中であっという間に過ぎて行きました。 二日目と言う事で、お持ち込みの骨董品古美術の鑑定や展示品の販売や説明をゆっくりさせて頂けたかと思います。 それでは弊社代表の末高に聞いていきましょう。 よろしくお願いします。 よろし ...

ReadMore

買取対応地域

2019/1/19

岩国市 岩国市近郊にて骨董品を高価買取致します

こんにちは。今日は山口県岩国市での買取査定について弊社査定担当の末高に聞いていきましょう。 よろしくお願いします。 よろしくお願いします。 早速ですが、岩国市での出張買取査定について教えて下さい。 はい。岩国市にお住まいのお客様から出張買取査定のご依頼は多くあり、現在は広島在住ですが実家が岩国市というお客様も多くいらっしゃいますね。 岩国市から広島市までの距離感はとても近いです。 岩国城と錦帯橋が有名で、買取にお伺いしたときに錦帯橋の古材で作られた木製品に出会うことがあります。 また、古来より通行通商の要 ...

ReadMore

重要無形文化財保持者 三輪休雪 休和

山口県縁の芸術家

2019/8/22

【十代三輪休雪(休和)】山口県萩市出身の陶芸家

弊社では十代三輪休雪の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 十代三輪休雪(みわきゅうせつ)1895-1981 年表 1895年 山口県萩市生まれ。 1910年 祖父雪山、父雪堂について作陶修行。 1927年 十代休雪を襲名。 1967年 弟に三輪窯を譲り、自らは休和と号す。 1970年 重要無形文化財「萩焼」の保持者(人間国宝)に認定。

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-ことばの由来

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.