普段よく使う日本刀に関する言葉の由来 ②

更新日:

こんにちは、弊社査定担当の末高です。
今回は刀に関係する言葉やことわざの由来第二弾です。
こんにちは。前回の第一弾に引き続き、今回もよろしくお願いします。
第一弾
ことばの由来<日本刀編 第一弾>の記事はこちら

こんにちは、弊社査定担当の末高です。 日頃私達が使っている言葉やことわざの中には、日本刀に関係したものが多くあります。どのようなものが思い浮ぶでしょうか? こんにちは。弊社素人担当の中山です。笑 刀に ...

続きを見る

suetaka
それでは早速1つ目です。
「鍔迫り合い(つばぜりあい)」これも刀に関係しています。
そうなんですね!鍔(つば)とはどの部分ですか?
suetaka
刀身(とうしん)と柄(つか)の間にある出っ張った金属の部分です。
相手の攻撃から柄を握った手を守ったり、滑って自分の刀身で手を切らないようにする役割があります。

鍔迫り合い 日本刀 摸造刀 侍

あ!箱に入った同じようなものをよく見ます。刀の鍔だったんですね。

日本刀 鍔 箱入り

もしかして帽子のツバと関係ありますか?
いいところに気付きましたね。刀の鍔と似ていることから帽子の飛び出ている部分を鍔(つば)と言うようになったようですよ。
おー私するどい!
suetaka
「鍔迫り合い」の由来ですが、互いの刀をこの鍔で受け止めて押し合う様から、似た力量の者同士が接戦で激しく争うというような意味になったようです。
なるほど~。時代劇で襲われた主人公が、刀の鍔でギチギチ押し合って切羽詰まっているようなシーンをよく見ますね。
あれが「鍔迫り合い」だったんですね。
そうです。そして、今出てきた「切羽(せっぱ)詰まる」も刀に関係していますよ。
物事が差し迫って窮地に追い込まれ、身動きがとれないようなことを言いますね。
おお!それもですか!笑
切羽とは刀のどの部分ですか? 
suetaka
先ほどの鍔の写真にも写っていましたが、鍔の表側と裏側に添えられている薄い金具の部分です。

切羽 鍔 刀身

suetaka
厚さや枚数を調節して鍔がグラつかないように固定するものです。分かり易くバラしてみました。

切羽 ハバキ 縁 鍔

刀をバラすとそんなことになっているんですね!
suetaka
切羽が詰まると敵を目の前にして刀が鞘から抜けなくなり窮地に追い込まれることから、この言葉が使われるようになったという説が多くあります。
そうなんですね!
ん・・・?切羽が詰まるとはどういう状況ですか?
suetaka
この説だと切羽が鞘に詰まって刀が抜けなくなるということだと思いますが、

鞘 切羽 刀

このように切羽が鞘の中に入って詰まってしまうようなことはないですね。
色々調べてみたのですが、この説の中での肝心な「切羽が詰まった状態」を詳しく説明できているものをなかなか見かけません。
切羽がどう詰まるのかが知りたいのに、切羽が詰まると~から始まっていますね。
鞘の入り口より少しだけ小さい切羽が絶妙にフィットして鞘に詰まったとか、劣化した切羽から出た粉が鞘の入り口に詰まったとか、相手の刀が奇跡的に切羽に強く当たって破片が鞘に入って詰まったとか・・・そこが知りたいです。
suetaka
鞘の中に納まるのだとしたらハバキの部分になると思うのですが、このハバキの部分に何か異物が付着などして詰まって鞘に納まらないというのなら有り得ますね。
刀に詳しくない人物がハバキを切羽と間違えて、そのまま「切羽詰まる」というようになったとの説もあります。
先ほどの写真にも写っていましたがハバキとは何ですか?

ハバキ 鍔 鯉口を切る

suetaka
ハバキとは刀身の根元に接着されている金具で、刀身と鞘を固定するための金具です。
鞘の口(鯉口)とハバキが摩擦によってしっかり密着することで刀が鞘から抜け落ちません。また刀身が傷まないよう鞘の内側の壁に当たらない状態を保つという役割もしています。
なるほど~。そのくらい密着して作られているのであれば、そこに何かが詰まると刀を鞘から抜こうとしても抜けなくなるかもしれませんね。
ハバキを切羽だと勘違いしてできた言葉であれば納得です。
この説が本当だとすると、勘違いしていなければ「ハバキ詰まる」という言葉ができていたかもしれませんね。
聞きなれていないので違和感ありますね。
suetaka
他の説もあります。切羽が詰まる(=鍔とハバキの隙間を切羽で調節して隙間なく埋める)と鍔がしっかり固定されて微動だにしなくなることから、退路が埋まって身動きが取れずどうしようもなくなる、という表現になった説です。
おーーそれだと矛盾しないので納得できますね!
私もそちらの説の方がしっくりくると思います。
色んな説があるので断定はできませんが。
タイムスリップして、言い出しっぺに聞いてみないと分かりませんね!
それができれば確実ですのでお願いします。笑
まだまだ刀にまつわる言葉は沢山ありますが、また次回としましょう。
ありがとうございました。
第三弾
ことばの由来<日本刀編> 第三弾 の記事はこちら

こんにちは。弊社査定担当の末高です。今回は刀に関係する言葉やことわざの由来シリーズ第三弾です。 よろしくお願いします。 今回はどんな言葉が出てくるのか楽しみです。 では早速1つ目です。 激しく争うとい ...

続きを見る

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

小林和作 山口県山口市出身

広島縁の芸術家

2019/8/13

【小林和作】広島県尾道市に縁のある洋画家

弊社では小林和作の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 小林和作(こばやしわさく)1888-1974 年表 1888年 山口県生まれ。 1908年 京都市立絵画専門学校入学。 1910年 第4回文展入選。 1918年 日本画から洋画に転向。 1922年 上京。梅原龍三郎、中川一政、林武に師事。 1934年 尾道市に移り住む。独立展を中心に作品を発表。 1953年 芸術選奨文部大臣賞。 1971年 勲三等旭日中綬章。

ReadMore

お茶会に行ってきました

2019/5/31

お茶会に行ってきました①

7月のある日のこと。 中山さん、すみませんが来月にあるお茶会に参加してもらえませんか? 私か野上が参加する予定でしたが、仕事の都合で2人とも参加できないのでお願いしたいのですが。 え!私みたいな茶道の経験もない素人が大丈夫ですか? 大丈夫ですよ!一人での参加になりますが前回よりも気軽な大寄せのお茶会ですし、先方にもその旨伝えておきますので安心してください! ひ、一人!あわわ・・・本当に本当に大丈夫ですかね? (しつこく聞いてしまいました) 大丈夫!何も心配することはありませんよ! 当日も不安なことがあれば ...

ReadMore

第一回 お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園

2019/1/15

お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園が開催されました。二日目編

こんにちは! 昨年秋に開催された弊社主催の「お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園」の様子をお伝え致します。 開催された日程は2016年10月7日~10月10日までの4日間の午前10時~午後8時まででした。 今回は二日目の様子をお伝え致します。初日はオープンから講演と展示販売という目まぐるしい中であっという間に過ぎて行きました。 二日目と言う事で、お持ち込みの骨董品古美術の鑑定や展示品の販売や説明をゆっくりさせて頂けたかと思います。 それでは弊社代表の末高に聞いていきましょう。 よろしくお願いします。 よろし ...

ReadMore

買取について

2019/1/20

広島にて伽羅・沈香木等を高価買取致します

伽羅・沈香木・香道具等の買取について 弊社は伽羅・沈香木・香道具等の骨董・美術品・実用品として価値のある品物を買取致します。 香木は香道で用いられる日本の伝統的な芸道です 香爐等で焚きその模様を鑑賞する聞香と香りを聞き分ける組香の二種類が主な物となります。 香木の一つである白檀は仏像等の彫刻や扇子や数珠等の材料として有名です。 出張見積無料 査定無料 秘密厳守 現金にて高価買取りしております。 人間国宝等の有名作家から現在は無名な作家の作品も、一点一点丁寧に査定し高価買取致します。 お売り頂ける物が御座い ...

ReadMore

大隅俊平 人間国宝 日本刀

買取について

2019/7/9

【人間国宝】大隅俊平の作品を高価買取いたします

弊社では大隅俊平の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 大隅俊平(おおすみとしひら)1932-19 年表 1932年 群馬県生まれ。 1952年 宮入昭平に師事。 1958年 新作作刀技術発表会初出品で優秀賞。以後、受賞を重ねる。 1997年 重要無形文化財「日本刀」の保持者(人間国宝)に認定。 1999年 紫綬褒章。 2005年 旭日中綬賞。

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-ことばの由来

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.