象牙の買取について

更新日:

象牙 買取 登録 種の保存法

こんにちは!
今回は弊社への買取査定依頼でお問い合わせの多い象牙の買取について弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。
今日は弊社へのお問い合わせの多い象牙の買取について教えて下さい。
suetaka
はい。象牙といえば牙の形をした象牙の置物や牙の形のまま七福神や、雲龍などを彫り込んだ物があります。
また、実印や仏像等が思い浮かびますね。
象牙は主に日本や中国で使用されており、昔から珍重されていた材質となります。
中国では王朝へ献上される程の緻密な彫刻を施した置物や、仏像を彫刻して信仰の対象としていました。龍や桃等の動植物、箸や麻雀牌等にも加工され親しまれています。
インドでは象やライオン、佛像等に彫刻され置物として使われています。
日本では印鑑や根付、印籠、茶入の蓋、掛軸の軸先、琴や三味線の部品などに使われ、珍しい物には筆の軸にも使われています。
海外ではピアノの鍵盤やビリヤードのボールに加工され使われたりもしていました。
高級な材質の代名詞としても使われていますね。
suetaka
はい。さて、本題ですが象牙の買取で注意して頂きたいのが、象牙はワシントン条約で取引が制限されているという事です。
いわゆる絶滅危惧種ですね。
suetaka
はい。国際的な機関が指定する動植物に指定されたものは”絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約”(ワシントン条約やCITESとも言います)により国際取引が出来ません。
日本も1980年から条約を締結し、国内法である”絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律”が作られました。
一般的に”種の保存法”と呼ばれる法律で、日本国内の取引を規制する法律となります。
詳しい説明は環境省ホームページにありますね。
環境省ホームページ
種の保存法の概要
suetaka
ありがとう。基本的には種の保存法に指定された個体の取引は出来ないのですが、種の保存法に定められた所定の手続きを行う事により取引が許可されております。
なるほど。
suetaka
次は所定の手続きの説明に移ります。
よろしくお願いします。
suetaka
はい。まず最初に種の保存法に指定された個体を扱う事業者の登録が必要となります。
事業として個体の売買を行う事を”特定国際種事業”と言い、法人や個人を問わず前出の種の保存法に基づき経済産業省への届け出が必要となります。
また、取引した内容を記載台帳に記録し保存や経済産業省へ提出する義務が課せられます。
suetaka
弊社も届け出を済ませており、”特定国際種事業者(象牙・タイマイ等を取り扱う事業者)”特定国際種事事業者番号 S-6-34-0053 愛研陶芸株式会社となっております。
この特定国際種事業者は事業に対して必要な物なので、買取業者や販売業者は登録をしないと売買が出来ないという事になります。
弊社が行っている買取に関しては弊社が登録し台帳を作成しておりますので、お客様については必要ありません。
詳しい説明は経済産業省のホームページに有りますね。

特定国際種事業者 登録票

suetaka
ありがとう。上の登録票が弊社に発行された特定国際種事業者ものになります。象牙を扱う事業者はこの登録票を掲示する事になっています。
CITESのロゴが象をモチーフにしていてかわいいですね。
suetaka
次に個別の取引についてですが、取引に際して個体の登録が必要となる物に該当する場合があります。
”個体の登録が必要となる物”という事は必要が無い物もあるということですか?
suetaka
そうです。
登録が必要な象牙の定義ですが、法律に書いてあるままを言いますと、
”牙(生牙、磨牙、彫牙)※ただし、ゆるやかに弧を描き、根本から先端にかけて先細るといった一般的に象牙と認識できるもの(全形を保持した象牙)に限ります。
となっています。
法律の文章なので少し言い回しが難しいですが、いわゆる1本物と呼ばれ、象に生えていた牙の形が残っている物と認識して頂ければ大丈夫です。少々の彫刻や装飾があっても牙の形として残っていれば登録が必要と思って下さい。
なるほど!
床の間に飾ってあるような立派な物がイメージですね
suetaka
次に登録が不要な象牙製品ですが、経済産業省ホームページによると
”象牙カットピース・端材、象牙印材、印鑑、置物、根付け、ネックレス、ブローチ、撥、箸、茶杓など”
と定義されています。素材として象牙を使っている品物という事ですね。
わかりやすいです
suetaka
他には香炉や茶筒、五重塔や城壁のような建築物をモチーフにした物も作られていますね。
suetaka
最後に一番大事な事ですが、象牙の登録はご本人様またはご親族様が行うという所です。
他の方が手に入れて申請するとなると、無登録の象牙を手に入れたという法律違反になってしまいますね。
suetaka
その通りです。弊社では申請資料のお取り寄せ等でお客様のサポートは承っておりますが、代行申請などは行っておりません。
なるほど!
suetaka
次回は実際の買取に使用した画像を使って説明致します。
ありがとうございました。
次回は象牙登録の現場からお送り致します。
suetaka
それではさようなら
ありがとうございました

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域

岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域

山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域

島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域

鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域

その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

買取について

2019/1/19

広島にて翡翠・玉製品を高価買取致します

翡翠・玉製品等の古美術品や骨董品の買取について 弊社は翡翠や玉等の貴石製品・原石を高価買取致します。 翡翠等の製品は古くから世界中で装飾品や調度品等に加工され親しまれております。中でも日本や中国で産出される翡翠や玉はとても重宝され、現在でも非常に人気が高い状態です。 弊社はそのような価値のある翡翠や玉等の貴石製品・原石を高価買取しております。 埃にまみれていても汚れていても雑多な状態でも構いません。 翡翠・玉製品には産地や製作者を記入した保証書や、鑑定人の鑑定書、関係機関の認定書がある事が御座いますので、 ...

ReadMore

買取について 買取についての疑問

2019/1/13

広島の骨董古美術品の査定や鑑定について

こんにちは。今回は骨董品や古美術品の査定・鑑定について弊社査定人の末高に聞いてみます。 こんにちは。はい、お客様から買取り以外で骨董品や古美術品の査定や鑑定だけのご依頼はよく有ります。 具体的にはどういったケースがありますか? 広島ですと江戸時代の書の大家「頼山陽先生」の作品や漆高盛絵の「金城一国斎先生」の作品お問い合わせが多く、山口県では萩焼全般や明治維新頃に書かれた書や掛軸などの鑑定査定のご依頼が多いですね。 ご当地ならではの品物ですね。 またそれ以外のケースではこのようなご相談が有ります。 ■先祖代 ...

ReadMore

買取について

2019/1/20

広島にて古信楽や信楽焼を高価買取します

古信楽や信楽焼の買取について 信楽焼は滋賀県の信楽町を中心とした地域で興り六古窯(備前焼・信楽焼・丹波焼・常滑焼・越前焼・瀬戸焼)の一つとして平安時代・奈良時代から作られ、時代と共に生活と密着した焼物として親しまれて来ました。 信楽焼の代表とも言える狸の置物や徳利酒呑などの酒器、茶道具、華道具、壺や鉢などが作られました。 珍しい物では瓦、教筒などが作陶され、現代に至るまで保存または記録が残されています。 信楽焼などの日本の古陶磁器は国内外で評価が高く、沢山の品物がヨーロッパやアメリカへ輸出されており、外国 ...

ReadMore

買取について

2019/1/13

家の中を全部片付けて買取と処分した時の様子 part2

こんにちは! 前回に引続きお客様のお宅で家財一式の処分の様子をレポートしています。 今の状況は骨董品・古美術品・美術品・工芸品・リサイクル品・その他に分別した所です。 それでは引続き作業を行いましょう 分別が終わりましたので、これから1点1点査定して参ります。 「この品物は思い出の品なので残したい」等御座いましたら仰って下さい。 はい。有難うございます。 実はこの漆塗の盃ですが、祖父が戦争に行っていた時に頂いた物らしいので、持って帰ろうと思っています。 かしこまりました。それでは残りを査定させて頂きます。 ...

ReadMore

第一回 お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園

2019/1/15

お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園が開催されました。濃茶編

こんにちは! 昨年秋に開催された弊社主催の「お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園」の様子をお伝え致します。 開催された日程は2016年10月7日~10月10日までの4日間の午前10時~午後8時まででした。 代表!お客様からのご相談が有りました! 明日の御茶席で濃茶をお点前して欲しいとのご相談です。 それは困りましたね。 薄茶点前の材料や道具は揃っているのですが、濃茶となると社中に確認しなければなりません。 しかし、折角のご要望ですから可能であれば対応させて頂きたい所ですね。 それではお客様にはお待ち頂くよう ...

ReadMore

電話を掛ける
LINE買取査定
改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-象牙・象牙製品
-, ,

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.