骨董品古美術品の視点から見た遺品整理士とは 

更新日:

遺品整理士とはどのような資格?

こんにちは。本日は「遺品整理士」について遺品整理士の資格を持つ、弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。
よろしくお願いします。
こんにちは。よろしくお願いします。
さっそく質問ですが、遺品整理士とはどのような資格ですか?
suetaka
遺品整理士とは、供養、廃棄物、リサイクル製品などの様々な知識を身に付け、ご遺族に代わって法規制に遵守した形で故人の残された品物を分別する専門家のことです。
一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格となります。

遺品整理士 認定証

遺品整理士の需要が高まっている理由

高齢化や核家族化などで需要が高まっていると聞きます。
なぜですか?
suetaka
はい。高齢化に伴い必然的に需要が高まっています。
そして核家族化。これまでの二世帯三世帯で暮らすことが当たり前だった時代、家族の人数が多く、身内だけで遺品整理をする時間や人手があり、家屋が広く収納スペースもありました。
家は田舎なので祖父母、両親、兄弟+犬、猫、鳥、ウサギ、と人手も動物の手も沢山ありました。
動物園ですか?笑
現在では親世代と子世代が別々に暮らし、核家族となるケースが一般化されつつある為、
●実家が遠くなかなか時間が取れない。
●親族が離れていることによって労働力(人手)が少ない。
●一緒に暮らしていなかった為、何が重要な物か、価値のある物か判断できない。
などの理由から需要が高まっています。 
suetaka
ご家族を亡くされて精神的にも辛い中、何をどうすればよいかの判断が難しいこともあるかと思います。
そこでご遺族に代わり、供養の気持ちを持って遺品を的確に整理することができる遺品整理士が必要とされてくるのです。

遺品整理 高価買取

ご遺品から骨董品・美術品・リユース品を分別

suetaka
遺品というのは親族などに引き継がれる大切な品物だけではなく、故人が残された全ての物となります。
その中からご遺族が残しておきたい思い入れのある物、供養したい物、売却可能な骨董品・美術品・リユース品、無料で処分できる物、有料で処分する物などに分ける必要があります。
遺品整理士はその過程の中で必要な知識を身に付けていますので、ご遺族に代わって法規制に遵守した形で故人の残された品物を分別することができるのです。
法規制とはどのようなことですか?
suetaka
例えば業者を利用する場合、骨董品・美術品・リユース品などの買取業者は古物商の許可が必要ですし、一般廃棄物として処分する業者は一廃棄物収集運搬許可、また家電リサイクル法で縛られている家電の廃棄でも許可が必要となります。
このように法律で定められていますので、それに沿って遺品の整理をしていかなくてはなりません。
弊社では古物商の許可を取っているので、「骨董品・美術品・リユース品の買取」までは可能ということですね。
suetaka
はい。その後に残った品物から、大型家具や家電などリユース業者が買取可能な物、無料で業者が引取可能な物、処分するには有料な物、という風に分別していきます。
なるほど。何も知らないと必要の無い物は全て処分業者に依頼してしまいそうです。
手順に沿うことで遺品整理に掛かる費用を削減できたり、場合によっては手元に残ることにもあります。
その話は次回またお話しますね。ありがとうございました。
ありがとうございました。
「遺品整理に掛かる費用を削減する為の手順」 の記事はこちら

こんにちは。前回の「骨董品古美術品の視点から見た遺品整理士とは」に引き続き、今回は遺品整理に掛かる費用を削減する手順について弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。よろしくお願いします。 こんにち ...

続きを見る

「リサイクル品とリユース品の違い」 の記事はこちら

こんにちは。本日は「リサイクル品」と「リユース品」の違いについて、弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。 よろしくお願いします。 こんにちは。よろしくお願いします。 前回の「骨董品古美術品の視点 ...

続きを見る

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 大竹市 竹原市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

中島宏 人間国宝

買取について

2019/7/22

【人間国宝】中島宏の作品を高価買取いたします

弊社では中島宏の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 中島宏(なかしまひろし)1941-2018 年表 1941年 佐賀県生まれ。 1969年 弓野古窯跡に登り窯を築窯。 1981年 西日本陶芸展総理大臣賞受賞。 1990年 佐賀県重要無形文化財保持者認定。 2007年 重要無形文化財「青磁」の保持者(人間国宝)に認定。

ReadMore

吉田美統 釉裏金彩 人間国宝

人間国宝

2019/7/4

【人間国宝】吉田美統の作品を高価買取いたします

弊社では吉田美統の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 吉田稔(よしたみのり)1932- 年表 1932年 石川県小松市生まれ。 1947年 錦山窯の職人から九谷焼を学ぶ。 1974年 第21回日本伝統工芸展で初入選。 2001年 重要無形文化財「釉裏金彩」の保持者(人間国宝)に認定。紫綬褒章受賞。

ReadMore

買取対応地域

2019/1/15

山口県山口市や山口市近郊にて骨董品を高価買取します

こんにちは! 今回は広島では無くお隣の山口県山口市での買取について弊社査定人の末高に聞いてみたいと思います。 よろしくお願いします。 こんにちは。 今日は地元広島県の次にお問い合わせの多い山口県での買取について教えて下さい。 はい。山口県は山陽と山陰が交わる交通の要所として昔から栄えて居ます。 薩長同盟や松下村塾などの近代日本史にも良く出てきますね。 その為、今でも古くから伝わる家や蔵、老舗の店舗などが数多く残っています。 古い家や蔵から思わぬ品物と出会うことがよく有りますね。 お客様もアッと驚くような品 ...

ReadMore

阿部榮四郎 人間国宝 雁皮紙

買取について

2019/7/12

【人間国宝】阿部榮四郎の作品を高価買取いたします

弊社では阿部榮四郎の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 阿部榮四郎(あべえいしろう)1902-1984 年表 1902年 島根県生まれ。 1916年 出雲国製紙伝習所に入所。 1931年 出雲民芸運動の活動。 1960年 正倉院の紙の調査 1968年 重要無形文化財「雁皮紙」の保持者(人間国宝)に認定。 1972年 勲四等瑞宝章。

ReadMore

第一回 お宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園

2019/1/15

ちょっと一服「野点会」 in 半べえ庭園 開催について

こんにちは!今回はお宝鑑定・骨董市 in 半べえ庭園と同時開催のちょっと一服「野点会」in 半べえ庭園について営業担当の末高に聞いて行きます。 こんにちは。 よろしくお願いします。 はい。よろしくお願いします。 ちょっと一服「野点会」 in 半べえ庭園はお宝鑑定・骨董市の会場内に設置されたお茶席にて御抹茶を愉しめるコーナーです。 日本各地の色々な御茶碗の中からご自分の好みに合わせて選んで頂き、茶道の師範に点てて頂いた物を季節の和菓子と共にご賞味下さい。 珍しい企画ですね。 はい。通常の骨董祭や骨董市では見 ...

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-買取について, 遺品整理

Copyright© 古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい! , 2019 All Rights Reserved.