リサイクル品とリユース品の違い

こんにちは。本日は「リサイクル品」と「リユース品」の違いについて、弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。
よろしくお願いします。
こんにちは。よろしくお願いします。
前回の「骨董品古美術品の視点から見た遺品整理士とは」「遺品整理に掛かる費用を削減する為の手順」の中で「リユース品」という言葉が度々出てきましたが、「リサイクル品」とはどう違うのですか?
なんとなくは分かるのですが、リサイクルショップ=中古品小売店という認識があるので、少し混乱してしまいます。
「骨董品古美術品の視点から見た遺品整理士とは」 の記事はこちら

遺品整理士とはどのような資格? こんにちは。本日は「遺品整理士」について遺品整理士の資格を持つ、弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。 よろしくお願いします。 こんにちは。よろしくお願いします。 ...

続きを見る

「遺品整理に掛かる費用を削減する為の手順」 の記事はこちら

こんにちは。前回の「骨董品古美術品の視点から見た遺品整理士とは」に引き続き、今回は遺品整理に掛かる費用を削減する手順について弊社査定担当の末高に聞いてみたいと思います。よろしくお願いします。 こんにち ...

続きを見る

suetaka
「リユース品」とは、その製品の形状のまま繰り返し使われている物を意味します。
対して「リサイクル品」とは、製品を再度資源に戻して、新たに製造された物のことです。
リサイクルショップという呼び名が浸透していますが、本来の意味を考えるとリユースショップという方が正しいでしょう。
同じ製品を再利用するか、違う製品を生み出すかの違いですかね?
suetaka
分かり易く、不要になったセーターで例えてみますね。
●セーターをそのまま他の誰かが再利用する → リユース
●セーターを解いて毛糸に戻し、新たにマフラーを作る → リサイクル
同じようで全然違うのですね。
suetaka
ですのでリユース品を販売している小売店は、本来なら「リユースショップ」ということになりますね。
なるほど~。でも意味は違っても、どちらも環境にやさしいということは同じですね。
この「リユース(Reuse)」と「リサイクル(Recycle)」に、「リデュース(Reduce)」が加わり、ゴミを減らす為の環境行動の取り組み3Rとされています。
またよく分からない言葉が出てきました!
リデュースとは何ですか?
suetaka
リデュースとは、必要以上に無駄な物を買わない、ゴミを出さない、など廃棄物自体を抑制することです。
例えば、買い物をする時にマイバックを使えばレジ袋も減るし、割り箸を使わないようにすればそれだけゴミも減ります。生産者側も商品の寿命を長くしたり、小型化や軽量化して部品を減らしたり、改良することによってその後のゴミの減少にも繋がってきますよね。
私もマイバックを使っていますが、これもリデュースなのですね。
suetaka
そうですね。弊社でもお客様のお品を、次に必要とされるお客様へ届けるということで3Rに繋がってきますね。
私も3Rを意識しながら日々過ごしていきます!
よい心掛けです。
そういえば、リ(R)が付く似たような言葉は沢山ありますね!
リサイクル、リユース、リデュース、リメイク、リペア、リバイバル、リサイタル・・・
いや、最後のリサイタルはちょっと違いますよ~・・・
よく分かりました。ありがとうございました。 
ありがとうございました。また次回に。 

よくある質問とその回答

祖父の遺品が蔵に眠っているのですが、何があるか分かりません。
整理したいので、調べてもらいながら査定買取していただけますか?
はい、量に関わらずお客様立ち会いのもと一点一点査定し、ご納得頂ける買取を致しますのでご安心ください。
買取金額の基準を教えて下さい。
買取金額は品物ごとの流通相場等の弊社リサーチ結果に基づき、付属品や箱、時代や希少度合い等を加算して査定しております。弊社が探している品物であれば、一般的な相場価格よりもより高く査定買取することが出来ます。
出張査定無料となっていますが、査定は無料でも出張料金等は掛かりますか?
査定料金・出張費用・移動経費等の費用は、お取引成立・不成立に関わらず無料です。

骨董・美術品などの買取について、よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 骨董・美術品などの買取についてよくある質問を弊社査定担当の末高がお答えします。 全般的な買取に関する質問 ● 高価買取と書いてありますが、本当に高く買って貰えるのですか? 弊社 ...

続きを見る

査定買取方法・買取品目・対応地域

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 竹原市 大竹市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 下松市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

岩谷焼 広島県福山市 焼き物

広島県の焼物 買取について

2020/1/31

【岩谷焼】広島県福山市引野町で焼かれていた陶磁器

岩谷焼(いわたにやき)について 焼かれていた地域・窯跡 広島県福山市引野町皿山。 名称の由来 現在の皿山の地を、築窯当時は岩谷と称していたことが由来とされる。 作品の傾向 初期の岩谷焼は、完全な磁化ができず半磁器。その後磁化に成功。 磁器、炻器、陶器、伝世品。 作られていた製品 鞆保命酒徳利、茶碗、皿類、神酒徳利、花瓶、水指、急須、摺鉢、こね鉢、油皿など。 よくある質問とその回答 骨董品なのかさえ分かりませんが、買い取れますか? 一般的にはガラクタに見える品物でも欲しい人にとっては宝物ですので、一度見させ ...

ReadMore

丸木俊 広島県広島市安佐北区に縁 画家

広島県縁の芸術家

2019/10/12

【丸木俊】広島県広島市安佐北区に縁のある画家

弊社では丸木俊の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 丸木俊(まるきとし)1912-2000 年表 1912年 北海道生まれ。 1941年 丸木位里と結婚。 1941年 ~46年美術文化協会展出品。 1945年 原爆投下後、広島で位里と救援活動。惨状を目撃して以後2人で原爆の絵を描き続ける。 1995年 ノーベル平和賞候補。 1996年 朝日賞受賞。 よくある質問とその回答 絵が沢山あるのですが、価値のあるものかどうか分かりません。見てもらえますか? お客様立ち会いのもと一点一点査定し、内 ...

ReadMore

松田権六 人間国宝 蒔絵

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】松田権六の作品を高価買取いたします【蒔絵】

弊社では松田権六の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 松田権六(まつだごんろく)1896-1986 年表 1896年 石川県金沢市生まれ。 1903年 7歳より兄孝作について五十嵐派蒔絵の修行をはじめる。 1911年 石川県立工業学校入学。藤岡金吾、石野柳五郎、前川佐一に師事。 1914年 東京美術学校入学。六角紫水らに師事。 1943年 東京美術学校教授就任。 1955年 重要無形文化財「蒔絵」の保持者(人間国宝)に認定。 1973年 文化勲章受章。 よくある質問とその回答 祖母が茶道 ...

ReadMore

稲垣稔次郎 人間国宝 型絵染

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】稲垣稔次郎の作品を高価買取いたします【型絵染】

弊社では稲垣稔次郎の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 稲垣稔次郎(いながきとしじろう)1902-1963 年表 1902年 京都生まれ。 1922年 京都私立美術工芸学校卒業後、三越、松坂屋等で意匠・図案の研究制作に携わる。 1931年 独立。 1946年 富本憲吉らと新匠美術工芸会の創立に参加 1958年 京都私立美術大学教授。 1962年 重要無形文化財「型絵染」の保持者(人間国宝)に認定。 1963年 勲四等瑞宝章。 よくある質問とその回答 祖母の着物が大量にあるのですが買い取り ...

ReadMore

加藤土師萌 人間国宝

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】加藤土師萌の作品を高価買取いたします【色絵磁器】

弊社では加藤土師萌の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 加藤土師萌(かとうはじめ)1900-1968 年表 1900年 愛知県瀬戸生まれ。 1914年 日野厚に陶芸図案を学ぶ。 1926年 岐阜県陶磁器試験場に勤め、陶技の研究を積む。 1961年 重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定。 1967年 紫綬褒章受章。 よくある質問とその回答 骨董品なのかさえ分かりませんが、買い取れますか? 一般的にはガラクタに見える品物でも欲しい人にとっては宝物ですので、一度見させて頂ければ ...

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-買取について, 遺品整理

Copyright© 愛研陶芸株式会社 , 2020 All Rights Reserved.