古美術骨董品の買取は愛研陶芸株式会社へお任せ下さい!

愛研陶芸株式会社

【景徳鎮窯(けいとくちんよう)】中国の陶磁器

景徳鎮窯は、漢の時代から磁器作りが始まったとされている中国を代表する伝統的磁器産地です。
景徳鎮で作られた陶磁器は、日本の伊万里焼やドイツのマイセンなど、世界的に影響を与えた陶磁器の原点とされています。

宋時代

元は昌江の南にあることから昌南窯と呼ばれていましたが、北宋の景徳年間(1004~07年)に優れた磁器を産したことから「景徳」と款が入れられ、景徳鎮窯と改めらる。
優れた青磁器と白磁器が作られ、青白磁器の製造技法を開発。
元代に窯が置かれるまで、青白磁メインで製造された。

元時代 

白磁にコバルト顔料(呉須)で文様を書き(日本でいう染付)、透明釉をかけて焼成する青花磁器がさかんに製造される。
コバルト顔料は中国には無いもので、イスラムとの文化交流により大きく影響を受け、シルクロードを通って輸入された。
青花磁器は中近東はじめ海外にも輸出されていた。

参照:東京国立博物館 青花龍涛文壺(せいかりゅうとうもんつぼ)

明時代

参照:東京国立博物館 青花束蓮文大皿(せいかそくれんもんおおざら)

洪武二年(異説もあり)御器廠(官窯)が置かれ、宮廷に収める磁器を厳密な規格に基づいて、数多く生産されていた。
官窯の設置により景徳鎮窯は更に発展し、中国における地位を確立。
イスラム圏からのコバルト顔料の供給がとだえた洪武年間の頃、銅を顔料にした釉裏紅磁器が多く作られる。
永楽年間、コバルト顔料の輸入が再開される。
成化年間、闘彩(豆彩)磁器の生産が始まる。
闘彩(豆彩)とは、青花で文様の輪郭を描き、透明釉をかけて焼成した後に、様々な色を塗るって埋める技法。
宣徳期以降には一般的に「大明○○製」「大清○○製」と、年款が入れらるようになる。○○には、その時代の元号が入る。

参照:東京国立博物館 白磁紅釉双龍文鉢(はくじこうゆうそうりゅうもんはち)

正徳年間頃、景徳鎮民窯で五彩磁器がさかんに作られる。

参照:東京国立博物館 五彩花唐草文鉢(ごさいはなからくさもんはち)

五彩磁器とは、釉薬で色を付けるのではなく、白磁に上絵具で絵付けをし焼き付けた陶器。
五色でなくとも、同じ技法で作られた陶器は五彩という。
嘉靖年間、民窯が御器廠の委託を受けて官窯製品を製造する制度が始まる。
これにより、官窯の高い技術が民窯へ流出し、景徳鎮民窯が更に発展する。
万暦終了とともに官窯が廃止され、民窯のみとなる。
明末から清初にかけて、芙蓉手、呉須赤絵、古染付など国外輸出向けに大量生産される。

参照:東京国立博物館 五彩龍文瓶(ごさいりゅうもんへい)

清時代

ヨーロッパでシノワズリ(中国趣味)が流行し、景徳鎮の陶磁器が珍重された。
順治年間、景徳鎮御器廠が復旧される。

参照:東京国立博物館 五彩仙姑図大皿(ごさいせんこずおおざら)

雍正年間、ヨーロッパからの色ガラスを原料とした琺瑯の技術ができ、絵付けの技術が進歩する。

参照:東京国立博物館 豆彩束蓮文鉢(とうさいそくれんもんはち)

参照:東京国立博物館 琺瑯彩梅樹文皿(ほうろうさいばいじゅもんさら)

乾隆年間、ヨーロッパや中東の王侯貴族に愛され多く輸出された。


suetaka
弊社では中国陶磁器の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

査定買取方法・買取品目・対応地域

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 竹原市 大竹市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 下松市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

藤田喬平 ガラス工芸家

作家別

2019/11/12

【ガラス工芸家 藤田喬平】の作品を高価買取いたします

弊社では藤田喬平の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 藤田喬平(ふじたきょうへい)1921-2004 年表 1921年 現:東京都新宿区生まれ。 1944年 東京美術学校工芸科彫金部卒業。 1957年 上野松坂屋にて初個展。 1961年 日本橋高島屋にて「藤田喬平硝子工芸創作展」開催。以降毎年開催。 1986年 第25回日本現代工芸美術展文部大臣賞受賞。 1989年 恩賜賞・日本芸術院賞受賞。 1994年 勲三等瑞宝章受章。 1997年 紺綬褒章受章。 1999年 市川市名誉市民。 20 ...

ReadMore

買取実例

2019/10/17

御遺品の出張査定依頼がありました。

こんにちは! 今日は出張査定の現場からお送りします。 ご依頼内容は5年前に亡くなられた御父様の御遺品の出張買取査定となります。 ご依頼人は長女の渡辺様からのご連絡でした。 よろしくお願いします。 ※ブログに出てくるお客様の許可は得ており、お名前や住所は仮の物となります。 弊社は秘密厳守ですのでご安心下さい。 よろしくお願いします。 御父様はご自宅で茶道教室を開いて居られたそうです。 また、骨董市や京都アンティーク等にも出かけるほどの骨董好きの方だったそうです。 それでは参りましょう。 本日は弊社にご依頼頂 ...

ReadMore

楠瓊州 広島県福山市出身 日本画家

広島県縁の芸術家

2019/10/13

【楠瓊州】広島県尾道出身の日本画家

弊社では楠瓊州の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 楠瓊州(くすのきけいしゅう)1892-1956 1892年広島県尾道生まれ。1907年京都の服部五老・江上瓊山に師事。富岡鐡斎、浦上玉堂、晩年は梅原龍三郎や中川一政らに影響を受ける。初期は山水画、のち静物画、晩年は色彩豊かな風景画を展開した。 よくある質問とその回答 掛軸があるのですが、シミが多く状態が良くない物でも買い取りできますか? 古い掛軸にはシミが有ることは多いので、お気になさらずにお見せ下さい。 買取金額の基準を教えて下さい。 ...

ReadMore

石本正 島根県浜田市出身の日本画家

島根県縁の芸術家

2019/10/3

【石本正】島根県浜田市出身の日本画家

弊社では石本正の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 石本正(いしもとしょう)1920-2015 年表 1920年 島根県浜田市生まれ。 1944年 京都市立絵画専門学校日本画科卒業。 1947年 第3回日展初入選。 1950年 創造美術、新制作展出品。 1951年 4度新作家賞受賞。 1956年 新制作協会会員。 1971年 第21回芸術選奨文部大臣賞、第3回日本芸術大賞。以後全ての賞を辞退。 1974年 創画会会員。 2001年 石正美術館開館、名誉館長。~2009年絵画教室。 201 ...

ReadMore

舩木研兒 島根県出雲市出身の陶芸家

島根県縁の芸術家

2019/10/3

【舩木研兒】島根県松江市出身の陶芸家(布志名焼)

弊社では舩木研兒の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 舩木研兒(ふなきけんじ)1927-2015 年表 1927年 島根県松江市生まれ。父は舩木道忠。 1949年 国画会賞。 1950年 浜田庄司に師事。日本民藝館賞。 1951年 サロン・ド・プランタン奨学賞。 1952年 現代日本陶芸展受賞。 1959年 日本陶磁協会賞。 1964年 現代国際陶芸展。 1967年 渡英。ハーナード・リーチ、デビット・リーチ窯場にて研修。 1969年 日本陶磁協会賞。 1986年 第3回茶の湯造形展奨励 ...

ReadMore

ライン査定

改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。
suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-中国美術

Copyright© 愛研陶芸株式会社 , 2019 All Rights Reserved.