【竜泉窯(りゅうせんよう)】中国の陶磁器について 

龍泉窯

竜泉窯とは

竜泉窯は、中国浙江省竜泉及びその付近にあった青磁の産地の窯。
竜泉青瓷は三国時代(紀元220年~280年)に現れたとされ、初期は紋様が簡単な日用品で「原始青磁」と呼ばれる。
南宋から明代初期が最盛期で、灰色がかった淡い色の釉調、淡青釉が特徴。

宋~元初期

南宋時代には南北の技術を融合し、青磁焼成は全盛期を迎える。
「哥窯」「弟窯または竜泉窯」に大分される。

哥窯

伝説では兄の章生一が経営した窯。(哥は兄という意味。)
宋代五代銘窯の1つ。
素地は黒く、口縁部や高台は薄く塗った釉薬が高温で焼かれ紫色になる紫口鉄足、金絲鉄線といわれる無数の貫入が特徴。
素地の薄いものを「龍泉官窯」、厚いものを「伝世哥窯」と呼ばれる。

弟窯・竜泉窯

弟の章生二が経営した窯。
青い青磁を作り出し、南宋皇帝の高宗に気に入られ官窯となる。
素地が白くて釉薬は厚く、玉のように透き通る上品な色合いが特徴。
日本では、南宋代に作られた品質の良い青磁のことを「砧青磁(きぬたせいじ)」と呼ばれ、竜泉窯の物が多い。

参考サイト:東京国立博物館 青磁鳳凰耳瓶(せいじほうおうみみへい)

参考サイト:東京国立博物館 青磁香炉(せいじこうろ)

参考サイト:東京国立博物館 青磁茶碗(せいじちゃわん) 銘馬蝗絆(めいばこうはん)

元~明初期

天龍寺青磁(てんりゅうじせいじ)が盛んに製造された。
砧青磁より重量のある大皿や花瓶が多く、釉は光沢のある黄緑色。
高台裏に赤褐色に発色している蛇の目、陰刻や陽刻の文様を施した作品が多いのも特徴。

参照サイト:文化遺産オンライン 梅瓶(メイピン)

明~清初期

竜泉窯の衰退期。七官青磁(しちかんせいじ)が製造された。
釉薬が透明度で、光沢が強く色は灰色がかった青緑色が特徴。装飾的、貫入が入ったものが多い。
2006年、明の洪武・永楽年間に宮廷用の青磁を焼いた窯が発掘され、明時代の生産が明らかにされた。


suetaka
日本へは鎌倉時代から室町時代にかけて大量に輸入され、現在でも国宝、重要文化財に指定されている作品が数多く残っています。

弊社では中国陶磁器の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

よくある質問とその回答

骨董品なのかさえ分かりませんが、買い取れますか?
一般的にはガラクタに見える品物でも欲しい人にとっては宝物ですので、一度見させて頂ければ他のものと同じように一点一点丁寧に査定買取致します。弊社が探しているものであれば通常よりも高額査定をお約束致します。
買取金額の基準を教えて下さい。
買取金額は品物ごとの流通相場等の弊社リサーチ結果に基づき、付属品や箱、時代や希少度合い等を加算して査定しております。弊社が探している品物であれば、一般的な相場価格よりもより高く査定買取することが出来ます。
出張査定無料となっていますが、査定は無料でも出張料金等は掛かりますか?
査定料金・出張費用・移動経費等の費用は、お取引成立・不成立に関わらず無料です。

骨董・美術品などの買取について、よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 骨董・美術品などの買取についてよくある質問を弊社査定担当の末高がお答えします。 全般的な買取に関する質問 ● 高価買取と書いてありますが、本当に高く買って貰えるのですか? 弊社 ...

続きを見る

査定買取方法・買取品目・対応地域

選べる4つの査定・買取方法

出張買取 骨董品 美術品 無料査定買取 自宅訪問店頭買取 骨董品 美術品 持ち込み 無料査定買取宅配買取 郵送 骨董品 美術品 無料査定買取無料LINE査定 骨董品 美術品 買取

買 取 品 目

出張買取対応地域 無料査定 出張無料

広島県
広島市 海田町 熊野町 坂町 府中町 廿日市市 江田島市 呉市 東広島市 尾道市 福山市 府中市 竹原市 大竹市 三原市 三次市 庄原市 安芸高田市
山県郡 神石郡 世羅郡 豊田郡
他広島県内全域
岡山県
岡山市 倉敷市 笠岡市 備前市 瀬戸内市 総社市 高梁市 玉野市 津山市 赤磐市 新見市 浅口市 真庭市 美作市和気郡 井原市 英田郡 小田郡
加賀郡 勝田郡 久米郡 都窪郡 苫田郡
他岡山県内全域
山口県
山口市 岩国市 宇部市 周南市 下関市 長門市 萩市 光市 防府市 美祢市 柳井市 下松市 大島郡 玖珂郡 熊毛郡 他山口県内全域
島根県
出雲市 雲南市 太田市 江津市 浜田市 益田市 松江市 安来市 飯石郡 隠岐郡 鹿足郡 仁多郡 他島根県内全域
鳥取県
鳥取市 米子市 境港市 倉吉市 岩美郡 西伯郡 東伯郡 日野郡 八頭郡
他鳥取県内全域
その他地域
上記に無い地域にもお伺い致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。

中国地方 買取地域 広島

おすすめ記事

西村龍介 山口県出身画家

山口県縁の芸術家

2019/10/8

【西村龍介】山口県小野田市出身の洋画家

弊社では西村龍介の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 西村龍介(にしむらりゅうすけ)1920-2005 年表 1920年 山口県小野田市生まれ。 1940年 川崎小虎、矢沢弦月に師事。日本美術学校卒業。 1956年 ニ科展特待賞。 1958年 ニ科展金賞。 1960年 ニ科会会員。 1963年 会員努力賞。 1968年 第53回展東郷青児賞。 1969年 会員努力賞。 1971年 内閣総理大臣賞。 1975年 ニ科会委員長。 1988年 芸術選奨文部大臣賞 2005年 死去。 よくある質 ...

ReadMore

児玉博 人間国宝 伊勢型紙縞彫

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】児玉博の作品を高価買取いたします【伊勢型紙縞彫】

弊社では児玉博の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 児玉博(こだまひろし)1909-1992 年表 1909年 三重県生まれ。 1921年 小学校卒業後、父房吉に師事。 1926年 伊藤宗三郎に師事。 1929年 独立。 1955年 重要無形文化財「伊勢型紙縞彫」の保持者(人間国宝)に認定。 1974年 紫綬褒章。 1980年 勲五等双光旭日章。 よくある質問とその回答 祖母の着物が大量にあるのですが買い取り可能ですか? はい、量に関わらず一点一点丁寧に査定し、買い取りさせていただきます ...

ReadMore

玉川宣夫

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】玉川宣夫の作品を高価買取いたします【鍛金】

弊社では玉川宣夫の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 玉川宣夫(たまがわのりお)1942- 年表 1942年 新潟県生まれ。 1955年 玉川覚平の次男へ移籍。 1963年 関谷四郎に師事。 1969年 日本伝統工芸展初入選。以後受賞を重ねる。 2002年 紫綬褒章。 2010年 重要無形文化財「鍛金」の保持者(人間国宝)に認定。 よくある質問とその回答 価値のあるものかどうか分かりませんが、見てもらえますか? お客様立ち会いのもと一点一点査定し、ご納得頂ける買取を致します。 買取金額の ...

ReadMore

買取について

2020/2/2

広島にて古民具・古家具を買取します

古民具・古家具等の古美術品や骨董品の買取について 弊社は古民具・古家具等の古美術品や骨董品として価値のある品物を高価買取致します。 国内国外問わず形状(陶磁器、木彫、布、紙等)も問いません。 時代や有名無名作家等も問いませんのでお気軽にお電話下さい。 鑑定人の鑑定書、関係機関の認定書がある場合には同じくご用意下さい。 新しい物か古い物、良い物かどうか判断が付かない物でも弊社担当者が品数に関わらず丁寧に査定買取致しますので、まずはお電話下さい! 人間国宝等の有名作家から現在は無名な作家の作品でも、一点一点丁 ...

ReadMore

中島宏 人間国宝

人間国宝・重要無形文化財

2020/2/1

【人間国宝】中島宏の作品を高価買取いたします【青磁】

弊社では中島宏の作品を高価買取いたします。 お気軽にご相談ください。 中島宏(なかしまひろし)1941-2018 年表 1941年 佐賀県生まれ。 1969年 弓野古窯跡に登り窯を築窯。 1981年 西日本陶芸展総理大臣賞受賞。 1990年 佐賀県重要無形文化財保持者認定。 2007年 重要無形文化財「青磁」の保持者(人間国宝)に認定。 よくある質問とその回答 骨董品なのかさえ分かりませんが、買い取れますか? 一般的にはガラクタに見える品物でも欲しい人にとっては宝物ですので、一度見させて頂ければ他のものと ...

ReadMore

ライン査定


改めましてこんにちは!ブログ担当の野上です。
弊社では買取に力を入れており、多種多様なお品物を買取しております。
具体的な買取品目は現代作家作品 古陶磁器( 備前 信楽 伊賀 瀬戸 常滑 越前 丹波 伊万里 有田 九谷 薩摩 唐津 志野 織部 益子 萩 ) 日本刀 武具 刀剣 刀装具 ( 鍔 目貫 拵 ) 甲冑 茶道具 煎茶道具 鉄瓶 銀瓶 華道具 書道具 ( 古墨 硯 筆 ) 着物 古布 裂 和服 古民具 古家具 古民芸 絵画 洋画 油絵 日本画 掛軸 象牙 象牙製品 象牙原木 西洋アンティーク ガラス製品 翡翠 玉製品 貴金属 宝石類 木彫置物 仏像 仏教美術 蒔絵 漆製品 切手 コイン 古銭 剥製 革製品 中国美術品 朝鮮美術品 諸外国美術品 など様々です。

suetaka
「これはどうかな?」と思われた方は是非ご連絡ください。
出張査定・持込査定・インターネット査定やLINE査定などご都合の良い方法でご利用頂けます。
続きまして、2018年の骨董市開催予定が発表されましたので骨董市や骨董祭にお出かけの方はご参考にしてください!
各会場で開催の情報が入り次第随時更新しております。
皆様からお売り頂いた品物をお待ちのお客様にお渡しする大切なイベントです。
それぞれのイベントについてのお問合せは弊社または主催者のホームページからお問合せ下さい。
また、日程の都合上弊社が参加出来ない骨董市も掲載しております。
suetaka
弊社の出店する骨董市等につきましては、メールやお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
また、イベント会場だけではなく、中野本店や国泰寺店にも、ぜひお立ち寄りください。
お問合せはLINEやTwitterでもお受けしております!

-中国美術

Copyright© 愛研陶芸株式会社 , 2020 All Rights Reserved.